ほめゲームの購入をしていただいた方々を数えてみました。


ほめゲームを販売開始(2011年3月)してから5年ほどが経ちました。

のんびりと販売を継続してきた中で、多くの方にご購入をいただいたので、、購入いただたいた方々を大まかに数えてみました。


1.大学、小中学校などの教育機関様

2.企業様

と二つを数えてみたところ・・・


大学高校などの教育機関様では、37以上の方々に購入をいただいています。大学教授様に購入いただき、ゼミなどで使っていただいたようです。

中には、卒論、修士論文などの一部に活用したいとご連絡をくださった学生さんもいらっしゃいます。


企業様では、132社以上に購入をいただいています。

宛先を企業名にしている方のみを数えたので、個人で購入してくださっている方は数えていません。なので実際にはもう少し多くなるかもしれませんね。

今までの事例としては、新入社員研修での使用、社員旅行での使用、接客マナー研修などでの一部利用、朝礼での活用などのご報告や、アンケートをいただいています。


そして、個人で購入してくださった方々、たくさんいらっしゃいます。

ほめゲームを気に入ってくださっている方でもっとも多い人は、50回以上ほめゲームを用いた体験会を開催しているかたもいらっしゃいます。


実は昨年、お会いすることができました。

その方の体験会に参加してくださった方のアンケートをたっぷり拝見することができました。ファイルにどっさりと閉じてあったのが印象的です。

活用してくださっているのを見るたびに、また、アンケートをいただくたびに大きな励みになります。


繰り返し行うことができるのがカードゲームを用いた大きな利点です。繰り返し、参加者を変えて楽しんでいただければ幸いですね。

一芽(ひとつめ) ~ ほめゲーム、演劇の新神などゲーム製作とプレイを楽しむ

カードゲーム製作と販売をしています。 「ほめゲーム」製作以後、アナログゲーム(非電源ゲーム)の持つ教育的側面(特に対人関係)に注目し、カードゲームの製作を始めました。遊びと学びの交点となる場作りにカードゲームは有効です。 ゲーム製作の進捗などを主に。その他、読んだ本や、ビールなどをちょろっと。

0コメント

  • 1000 / 1000