疑問を創り、疑問を生みだす重要性

最近読んだ Q思考 という本が、大変良かった。

ある質問、疑問を持ち、それに取りつかれたかのように一心不乱に打ち込んだ人がイノベーションを生みだしている。例えば、本書の中に出てくる、ポラロイドカメラの開発。

当時カメラで撮ったあとの現像に時間がかかっていた。撮った後にすぐに写真を見ることができなかった。そこで、ポラロイドカメラ開発者の娘の質問が

「写真ができるまでになぜこんなに待たなければいけないの?」

当たり前といえば当たり前、子供ならばそう疑問を持つでしょうね。

しかし、ここからが良い、この質問を製作者は、

「娘が僕にくれたパズルだった。」と後になって表現している。

そんなエピソードが他にも。

すい臓がんの早期発見テストを開発した高校生の話や、エアービーアンドビーの話も。


この本を読んで思うのは、自分が追い求めるべき質問、疑問に巡り合えると、大きなエネルギーを生み行動できる、それは幸せなことだなと。

生涯通して、追い求めるべき疑問があれば、それだけで希望を抱いて生きていけるのではないかと思った。


先日、友人と話していて、

「もしも国が毎月40万円支給してくれて、生存に困らなくなったとしたら何をしているだろうか?」という話になった。

自分はそのときどうしているかな?と想像しながらも、結局、人がやることは

「探求」

これかなと。ただ漠然と生きるのを良しとしないんだろう。


壮大で、困難で、自分を魅了してやまない、そんな疑問に多くの人が巡り合えたら面白いと

思った。

一芽(ひとつめ) ~ ほめゲーム、演劇の新神などゲーム製作とプレイを楽しむ

カードゲーム製作と販売をしています。 「ほめゲーム」製作以後、アナログゲーム(非電源ゲーム)の持つ教育的側面(特に対人関係)に注目し、カードゲームの製作を始めました。遊びと学びの交点となる場作りにカードゲームは有効です。 ゲーム製作の進捗などを主に。その他、読んだ本や、ビールなどをちょろっと。

0コメント

  • 1000 / 1000