頂いたアンケートをサイトへ反映させました。


ここ最近の購入者さまから、立て続けにアンケートへの回答をいただきました。

しばらく更新をさぼっていたほめゲームサイト、購入者さまの感想のところに掲載いたしました。

以下は感想です。


群馬県高崎市 細野 様 (2017年7月)

Q.「ほめゲーム」購入の前には、どんなことをお考えでしたか?どんなことを期待されていましたか?

私のチームメンバーには常に周囲に対する関心力を高め、自ら積極的にコミュニケーションをとってほしいと考えています。 「ほめゲーム」を通じて、関心度の幅を広げるスキルを高めたい。


Q.何が決め手となって「ほめゲーム」を購入しましたか?

楽しみながらリフレーミング能力を高められる。 障害者作業施設で作成している。


Q.実際に「ほめゲーム」を遊んでみて、いかがでしたか?ご感想をお願いいたします。

・カードの内容を瞬時に理解し、リフレーミングで表現する難しさを皆が実感 ・周りに対する関心力のレベルが想像以上に低かった。

・褒められた時のリアクションの取り方がぎこちなかった。


「皆の感想」

☆緊張したけれど、楽しく学べた。プラスの表現をすると、私までモチベーションが高くなった。

☆日頃周りから褒められることがないので恥ずかしいけれど、うれしかった。

☆もっと周りに関心を持ち、感じたことをプラスに表現しお互いのモチベーションアップにつなげたい! 


山形県西置賜郡 R・S 様 (2017年6月)

Q.「ほめゲーム」購入の前には、どんなことをお考えでしたか?どんなことを期待されていましたか?

会社でコミュニケーション研修を開催するにあたり、参加者が飽きずに楽しく取り組めるものを探していた。


Q.何が決め手となって「ほめゲーム」を購入しましたか?

楽しそうであること!


Q.実際に「ほめゲーム」を遊んでみて、いかがでしたか?ご感想をお願いいたします。

自分の課9人でやってみたが、非常に盛り上がった。 笑いがおこることや、オープンカードのスピーチでかいま見れる意外な or 知られざる一面が見つかったり、課内の雰囲気がよりよくなった気がする。 次年度以降の新入社員の際にも導入してみたい!





最近では、大手化粧品会社さま、飲食サービス会社さま、文具の会社さまに購入していただきました。また教育機関では、二つの大学さまに購入をいただきました。

ほめ言葉の量が増えていくことと良いなあ。

一芽(ひとつめ) ~ ほめゲーム、演劇の新神などゲーム製作とプレイを楽しむ

カードゲーム製作と販売をしています。 「ほめゲーム」製作以後、アナログゲーム(非電源ゲーム)の持つ教育的側面(特に対人関係)に注目し、カードゲームの製作を始めました。遊びと学びの交点となる場作りにカードゲームは有効です。 ゲーム製作の進捗などを主に。その他、読んだ本や、ビールなどをちょろっと。

0コメント

  • 1000 / 1000